事故が起こったことを想定して自転車保険に加入しておこう

安全のために必要な保険

女性

バイクは自己管理が必要

原付バイクは手軽に乗れることから通勤通学の足として重宝されています。交通ルールを守って運転することは必須ですが、加えて忘れてはならないのが自賠責保険への加入です。軽自動車や普通車は定期的に車検を受けなければならず、その際に自賠責保険も更新されています。しかし車検制度のない原付バイクは自賠責保険の期間が切れてしまわないように自己管理しておく必要があるのです。そもそも自賠責保険とは、交通事故が起こった際に最低限の補償が受けられるように法律で加入することが定められた保険です。加害者の視点からみれば補償金の支払い負担を減らし、被害者の視点から見れば確実に補償が受けられるというメリットがあります。車体の小さな原付バイクであっても死傷事故は起こります。そのため自賠責保険の加入対象となっているのです。自賠責保険は法律で定められた保険なので保険料はどの会社に申し込んでも同じです。金額は年度により変動しますが、原付バイクであれば一年間あたり7〜8千円程度です。契約期間は1〜5年の間で選べ、長期間の契約になるほど保険料は割り引かれます。原付バイクに乗らなくなれば中途解約することもでき、残りの保険期間に応じた払戻金が返ってくるのです。自賠責保険はコンビニやインターネットでも簡単に申し込めるようになっています。事故を起こさないことが第一ですが、さらに任意保険に加入しておけば、より安心して原付バイクに乗ることができます。